教學大綱表
請遵守智慧財產權,勿使用非法影印教科書,避免觸法。
課程名稱 (中文) 商用日文
(英文) Commercial Japanese
開課單位 應用外語學系
課程代碼 L4910
授課教師 潘寧
學分數 2.0 必/選修 選修 開課年級 大四
先修科目或先備能力:建議修習且通過“日語語法與句型(一)(二)(三)(四)”比較能跟得上課程進度
課程概述與目標:本授業は、学んだ日本語を将来の仕事に生かすことを目的とし、以下の4点に従って授業を展開する。

(一)就職能力の獲得
職場で必要とされる基本知識と実践の能力を身に付く。
自己PR、自己分析、企業研究、仕事の待遇、履歴書の書き方、等

(二)社会文化能力の獲得
日系企業と交渉する際に必要な知識及び文化間の摩擦を乗り越えるためのコミュニケーションスキルを習得する。
多文化の職場におけるコンフリクト事例分析、等

(三)社会人基礎能力の養成
社会人としての基礎能力と習慣を身に付く。
報告・連絡・相談、グループディスカッションの基本

(四)日本の職場ですぐ使える日本語
基本の敬語、挨拶、メールの書き方、各種テンプレートの探し方等

日本語と中国語で授業を行う。
BJTビジネス日本語テストの受験を推奨する。
教科書 教師自作プリント
參考教材 『職場日語養成手冊』 學校法人長沼SCHOOL東京日本語學校編
小島美智子監修 植木香、木下由紀子、藤井美音子著 東海大學張瑜珊譯 瑞蘭國際

『“異文化”トラブル解決のヒント!日本人も外国人もケース学習で学ぼう ビジネスコミュニケーション』金孝卿、近藤彩、池田玲子著 日経HR

BJT

課程大綱 學生學習目標 單元學習活動 學習成效評量 備註
單元主題 內容綱要
1 オリエンテーション(授業の紹介)9/6 今学期の授業進行、点数配分を説明する。
履修者の日本語レベルを確認する。
BJTビジネス日本語能力テストの紹介とお試し。
今学期の授業進行、点数配分を説明する。
履修者の日本語レベルを確認する。
BJTビジネス日本語能力テストの紹介とお試し。
  • 討論
  • 講授
  • 作業
  •  
    2 自己分析 9/13 将来に就きたい仕事について考える。
    仕事の種類、業界・企業研究の方法①
    異文化理解 ケーススタディ①
    仕事の種類、業界・企業研究の方法①
    異文化理解 ケーススタディ①
  • 討論
  • 心得發表
  • 講授
  • 作業
  •  
    3 自己PRと志望動機 9/20 自己PRと志望動機について紹介する。
    仕事の種類、業界・企業研究の方法②
    異文化理解 ケーススタディ②
    様々な自己PRと志望動機を読み、書き方の良し悪しを判断する。
    見本を参考に、自分の自己PRと志望動機を考案する。
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  •  
    4 自己PRと志望動機 9/27 業界・企業研究の結果をもとに、一つの企業を設定し、自己PRと志望動機を書いてみる。
    異文化理解 ケーススタディ③
    自己PRと志望動機を書ける。
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  • 作業
  •  
    5 自己PRと志望動機 10/4 自分と他者の自己PRと志望動機を読み合い、評価し、改善を図る。
    異文化理解 ケーススタディ④
    自分と他者の自己PRと志望動機を読み合い、評価し、改善を図る。
    異文化理解 ケーススタディ④
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  •  
    6 ビジネスメールの基本 10/11 ビジネスメールの基本をレクチャーする。
    異文化理解 ケーススタディ④
    ビジネスメールの基本について知る。
    異文化理解 ケーススタディ④
  • 討論
  • 講授
  • 作業
  •  
    7 ビジネスメールでよく使う表現① 10/18 色んな種類のビジネスメールを紹介し、よく使う表現をレクチャーする。 ビジネスメールの例を読み、書き手の目的・メールを出すタイミング等について考え、ビジネスメールを作成する際の心構えを作る。
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  •  
    8 ビジネスメールでよく使う表現② 10/25 色んな種類のビジネスメールを紹介し、よく使う表現をレクチャーする。 ビジネスメールの例を読み、書き手の目的・メールを出すタイミング等について考え、ビジネスメールを作成する際の心構えを作る。
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  • 作業
  •  
    9 期中考 11/1 自己PR・志望動機・ビジネスメールを書く 自己PR・志望動機・ビジネスメールを書く
  • 期中考
  •  
    10 檢討期中考題目和期中檢討 11/8 檢討期中考題目和期中檢討 了解自己的不足
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  •  
    11 報告・連絡・相談① 11/15 職場でのコミュニケーションの基本「報告・連絡・相談」を理解する。
    異文化理解 ケーススタディ⑤
    仕事上で、何を「報告・連絡・相談」するべきか、判断できる。
    異文化理解 ケーススタディ⑤
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  • 作業
  •  
    12 報告・連絡・相談② 11/22 職場でのコミュニケーションの基本「報告・連絡・相談」を理解する。
    異文化理解 ケーススタディ⑥
    仕事上で、何を「報告・連絡・相談」するべきか、判断できる。
    異文化理解 ケーススタディ⑥
  • 討論
  • 實作
  • 講授
  • 作業
  •  
    13 報告・連絡・相談③ 11/29 職場でのコミュニケーションの基本「報告・連絡・相談」を理解する。
    異文化理解 ケーススタディ⑦
    仕事上で、何を「報告・連絡・相談」するべきか、判断できる。
    異文化理解 ケーススタディ⑦
  • 個案研究
  • 講授
  • 閱讀討論
  • 作業
  •  
    14 ビジネスでよく使われる敬語① 12/6 仕事をする上で必要な敬語を確認する。 敬語の種類と形がわかる。
  • 講授
  • 閱讀討論
  • 作業
  •  
    15 ビジネスでよく使われる敬語② 12/13 ビジネスでよく使われる丁寧な表現を事例で紹介する。 ビジネスでよく使われる丁寧な表現がわかる。
  • 個案研究
  • 講授
  • 閱讀討論
  • 平時考
  •  
    16 ビジネスでよく使われる敬語③ 12/20 敬語の言い換え練習。
    BJTビジネス日本語能力テストの問題集を解いてみる。
    敬語の言い換え練習ができる。
    BJTビジネス日本語能力テストの受験を準備できる。
  • 討論
  • 閱讀討論
  • 作業
  •  
    17 総復習 12/27 今学期の振り返り・試験範囲と方法の説明 今学期の振り返り・試験範囲と方法の説明
  • 個案研究
  • 討論
  • 閱讀討論
  • 全學期出缺席
  •  
    18 期末考 1/3 期末報告或測驗 深化學習
  • 期末考
  • 學期總成績
  •  

    教學要點概述:
    教材編選: ■ 自編教材 □ 教科書作者提供
    評量方法: 期末考:30%   期中考:30%   其他評量:5%   平時考:30%   作業:5%  
    教學資源: ■ 教材電子檔 □ 課程網站
    教學相關配合事項:隨機舉行課堂小測驗或作業,重視課程參與度(含到課、上課態度等)。
    扣考規定:http://eboard.ttu.edu.tw/ttuwebpost/showcontent-news.php?id=504